スムーズな復職と、再休職予防のために

スムーズな復職と、再休職予防のために

千里リワークセンターでは、それぞれのニーズや状況に合わせた2つのコースをご用意しております。

千里リワークセンターでは、それぞれのニーズや状況に合わせた2つのコースをご用意しております。

スタンダードコース(約6か月)トライアルコース(約1か月)

スタンダードコース(約6か月)トライアルコース(約1か月)

スタンダードコース

スタンダードコース

こころとからだのバランスを整えて、ふたたび休職しない自分へ

こころとからだのバランスを整えて、ふたたび休職しない自分へ

当センターがご提供する標準的なコースです。約6ヶ月の期間はプログラムの進度に応じてレベル1からレベル5に分かれており、ご自身が現在どの程度復職に近い位置にいるか、直感的にご理解いただけるようになっています。また5つのレベルそれぞれにおいて課題が設けられ、それらに段階的に取り組んでいただくことで、無理なくステップアップしながら復職の準備を進めていただけます。レベル1・2・3を「ベーシッククラス」、レベル4・5を「アドバンスクラス」と呼んでいます。

スタンダードコースはこんな方に適しています

スタンダードコースはこんな方に適しています

スタンダードコースの特徴

スタンダードコースの特徴

スタンダードコースでは、約6ヶ月にわたってリワークプログラムに取り組んでいただきます。これは休職しておられる多くの方にとっては「長すぎる」と感じられるかもしれません。しかしその期間は、特に長期に休職されたり、複数回休職されている方にとっては、より万全の態勢で復職していただくために必要なものであると、私たちは考えています。実際には、まず週2日からセンターへの通所を開始していただき、週5日の通所まで徐々に日数を増やし、取り組んでいただく内容も段階的に難度を上げていきます。その中でご自身の休職に至った要因を考えていただき、同時に他の人々との関わりを通じてご自身のコミュニケーションやストレスへの対応のあり方などについて確認していただきます。最終的には集団で共同作業をおこない、模擬的な職場を経験することで、リアリティのある状況でのあつれきや負荷を感じ、それらのストレスにご自身が対応できることを実感していただきます。その実感が、休職初期の「どのように復職すれば良いのかわからない」「復職してもどのように働けばよいのかわからない」という不安な気持ちを、「これなら復職してもやっていけるかもしれない」という手応えに変えていってくれます。そのことが結果として復職の成功、再休職の予防につながるのです。これらの実践的、心理的プログラムの中でも、特に以下のようなプログラムが、スタンダードコースでは重要な位置を占めています。

スタンダードコースの一週間(プログラムの例)

スタンダードコースの一週間(プログラムの例)

ベーシッククラス(レベル1・2・3)

ベーシッククラス(レベル1・2・3)

スタンダードコースの前半戦。まずは、通勤と同じように「決まった時間に、決まった場所へ」通うことからスタート。生活リズムを整えながら、体力や集中力の回復を目指します。他の人と一緒におこなう軽運動などを通じて、少しずつリワークセンターという場に馴染んでいきましょう。

スタンダードコースの一週間表(プログラムの例)

通所日数…週2~5日(レベルごとに異なります)
レベル3で「休職要因振り返りレポート」の作成に取りかかります。このレポートが書きあがれば、アドバンスクラスへ移行します。

アドバンスクラス(レベル.4、Lv.5)

アドバンスクラス(レベル.4、Lv.5)

後半のアドバンスクラスでは、週5日の通所となります。休職要因の振り返りレポートの作成を通じて確認できた課題に対し、プログラムを通して向き合うことで、安全な復職と再休職の予防を目指します。グループでの活動が増え、積極的に他の人とコミュニケーションをとることで、復職をより身近に感じていただく段階です。またレベル5では復職前の最終段階として、スタッフのサポートのもと主体的に職場との連絡、調整をおこなっていただき、復職に向けて自信をつけていきます。

スタンダードコースの一週間表(プログラムの例)

通所日数…週5日
プログラム内容…グループワーク(模擬会社的プログラム)・グループディスカッション・再休職予防レポートの作成・リワークプログラムでの取り組み報告会・オフィスワーク 他

ご利用者様の声

トライアルコース

トライアルコース

短期集中、自分と向き合う1ヶ月

短期集中、自分と向き合う1ヶ月

主に復職直前のトレーニングや復職が可能であることの確認を目的とした、1ヶ月間のコースです。スタンダードコースとは異なり、最初から週5日通所し、デスクワークを中心としたプログラムを通じて生活リズムを整えながら課題に取り組むことで、スムーズな復職を目指していただきます。内容が単調にならないよう、デスクワーク以外に軽運動、グループディスカッションなど、スタンダードコースのエッセンスも取り入れたプログラムとしています。

トライアルコースはこんな方に適しています

トライアルコースはこんな方に適しています

トライアルコースの特徴

トライアルコースの特徴

トライアルコースでは、限られた期間の中でいかに効率よくトレーニングを積んでいただくかに重点が置かれています。しかしそのために再休職予防の観点がおろそかにならないよう、当センターでは以下の様な特長を持ったプログラムを構成しています。

トライアルコースの一週間(プログラムの例)

トライアルコースの一週間(プログラムの例)

トライアルコースの一週間表(プログラムの例)

ご利用者様の声

復職後のサポート

復職後のサポート

プログラム内容

プログラム内容

プログラム内容詳細

プログラム内容詳細

プログラム紹介

ご利用者様の声

当センターについて