「休職前より上手に働けるわたし」を目指して

「休職前より上手に働けるわたし」を目指して

リワークとは

リワークとは

リターン・トゥ・ワーク(Return to work)の略語を「リワーク」と呼びます。病気を自分の一部として受け入れながら、社会へ復帰していくプロセスのことを指します。

リワークプログラムについて

リワークプログラムについて

もしあなたがメンタルヘルス不調で休職されているなら、まず最初に重要な事は、しっかりと休養し、体調を整え、精神状態を改善することです。では、それらが改善して日常の生活をご自宅でおおむね問題なく送れる—具体的には、睡眠のリズムが整い、食欲が安定し、日中も横になることなくある程度活動的に過ごせるということです—ようになったとして、次にあなたに必要なことはなんでしょうか?
日常生活が問題なく送れたとしても、その段階で「自分は仕事に行ってしっかりと働くことができる」と自信を持って言える方は多くはないのではないでしょうか。つまり、療養がある程度進んで心身の状態が徐々に安定してきた後に必要なのは「仕事に行っても大丈夫な状態」、言いかえれば「毎日通勤し、職場で定められた時間を仕事場で過ごし、場合によっては不測の事態や人間関係の問題にも対応できる状態」を作ることです。これを私たちは「復職準備性」と呼んでいます。
この復職準備性を高めるためには、単にご自宅で療養するのではなく、さまざまなプログラムを他の人と一緒に集団の中で行うことが効果的であると考えられています。また、これらのプログラムを遂行することにより、ご自身の性格や今までの仕事の仕方を振り返り、復職後いかにうまく働き、過剰なストレスを受けないで仕事を進めるかという点についても考えていただくことができます。そのことは、あなたが復職した後に、末永く健康的に働く上で大きな助けとなるでしょう。
千里リワークセンターでは、あなたが日常生活を問題なく送れるレベルから一段上の「無事に仕事ができるレベル」に到達し、さらには「休職前より上手に働ける自分になる」までを、親身になってお手伝いすることをお約束します。

リワークプログラムの目的

リワークプログラムの目的て

千里リワークセンターのリワークプログラムの特長

千里リワークセンターのリワークプログラムの特長

当センターは影山メンタルクリニック併設の医療リワーク専門施設です。

当センターは影山メンタルクリニック併設の医療リワーク専門施設です。

  • 多彩な職種で構成されるリワーク専門スタッフ

    医師の他、保健師、看護師、臨床心理士、精神保健福祉士、キャリアカウンセラーが専従スタッフとして在籍。医療・心理・福祉それぞれの視点から、復職を総合的に支援します。

    スタッフ紹介

  • 目的に応じて選べる二つのコース

    ニーズや状況に合わせ、スタンダードコース(標準)とトライアルコース(短期間)から選択していただくことができます。

    プログラム内容

  • プログラム修了、復職後もしっかりとフォロー

    リワークプログラムを修了された方を対象に、再休職を予防するためのフォローアッププログラムを開催しています。

    ご利用者様の声

多彩な職種で構成されるリワーク専門スタッフ

医師の他、保健師、看護師、臨床心理士、精神保健福祉士、キャリアカウンセラーが専従スタッフとして在籍。医療・心理・福祉それぞれの視点から、復職を総合的に支援します。

スタッフ紹介

目的に応じて選べる二つのコース

ニーズや状況に合わせ、スタンダードコース(標準)とトライアルコース(短期間)から選択していただくことができます。

プログラム内容

プログラム修了、復職後もしっかりとフォロー

リワークプログラムを修了された方を対象に、再休職を予防するためのフォローアッププログラムを開催しています。

ご利用者様の声

ご利用までの流れ

ご利用までの流れ

まずは影山メンタルクリニックを受診してください。その際、医師へ「リワーク希望」とお伝えください。


費用について

費用について

プログラム参加は保険診療の対象になります。

健康保険を利用してプログラムに参加された場合の1日の費用は、2470円です。

※尚、障害者自立支援法に基づく公費負担制度をご利用の方は、所得に応じ自己負担額が軽減されます。

プログラム参加は保険診療の対象になります。健康保険を利用してプログラムに参加された場合の1日の費用は、2470円です。

※尚、障害者自立支援法に基づく公費負担制度をご利用の方は、所得に応じ自己負担額が軽減されます。

自立支援医療制度について

自立支援医療制度について

自立支援医療ってどんな制度?

自立支援医療ってどんな制度?

「自立支援医療制度(精神通院医療)」とは、継続的に精神科への通院治療を必要とする方のための、通院医療費を軽減する(医療費の一部を公費で負担する)制度です。

どんな人が受けられる制度?

どんな人が受けられる制度?

なんらかの精神疾患により、通院による治療を継続的に行う必要がある方が対象です。なんらかの精神疾患とは、統合失調症、うつ病、双極性障害(躁うつ病)、認知症、てんかんなどを指します。

制度を受けるメリットは?

制度を受けるメリットは?

上記のような疾患に対する診察や投薬にかかる費用、薬の費用などの負担が軽減されることにより、精神科通院による経済的負担が軽くなり、通院治療を継続していただきやすくなります。

制度を利用するにはどうすればいい?

制度を利用するにはどうすればいい?

自立支援医療制度を利用するにあたっては、申請書や医師の診断書などが必要です。具体的な申請の方法については、医師またはセンタースタッフにおたずねください。

制度を利用するうえで注意することは?

制度を利用するうえで注意することは?

上記のような精神疾患にかかっている人が制度の対象となりますが、これらの病名がついた方のすべてが制度を利用できるわけではありません。これらの病気にかかっており、かつ継続的な治療が必要であると自治体が判断した場合に、制度が利用できます。申請していただいてもこれらの条件を満たしていると認められなければ、制度が利用できないことがあります。
入院治療や、精神疾患・精神障害と関係の無い疾患の治療にかかる費用に対しては、自立支援医療制度は適用されません。例えば、当院で風邪の薬や湿布などを処方された場合、それらの薬の費用は制度の対象外となり、一般的な健康保険では三割負担となります。
自立支援医療制度を利用するにあたっては、通院先の病院と、処方を受ける薬局などを決め、その病院、薬局などを登録する必要があります。

TEL:06-6170-1130

TEL:06-6170-1130

プログラム紹介

ご利用者様の声

当センターについて