復職体験記

復職体験記

50代・男性 建築業 Cさんの場合

50代・男性 建築業 Cさんの場合

休職に至った経緯を教えて下さい。

休職に至った経緯を教えて下さい。

仕事のことが気になり、いつも考え込んでいました。何をしていても、気分転換で休んでいる時でも、仕事のことが気になって不安でたまらない状態がずっと続いていました。夜も眠れなくなり、睡眠導入剤を服用するようになり、飲んでも眠れなくて真夜中に何度も起きて朦朧とする日々が続きました。手足が痺れ出し、頭痛と動悸が激しくなり、この状態が半年くらい続き、どうしようもなくなり会社に相談し、休職を勧められ、休職いたしました。

休職してからリワークプログラムを開始するまでの過ごし方は?

休職してからリワークプログラムを開始するまでの過ごし方は?

休職に入ってから、まず第一に睡眠を取れるように取り組みました。
休職してからは、仕事のことを忘れることに努め、約3週間ぐらいで仕事のことがあまり気にならなくなり、気持ちも落ち着き少しずつ眠れるようになっていきました。
次に、規則正しい生活をする為に、朝は6時に起床し、洗濯、掃除をし、散歩をしたり、本を読んだり、DVDを借りてきたりして仕事以外の楽しみを探しました。この生活を楽しもうと思いました。
夜は、11時ぐらいに就寝し、生活のリズムを作ることを心がけました。
家族との時間を大切にし、買い物に行ったり、食事を一緒にしたりしました。

どうしてリワークプログラムを始めようと思ったのですか?

どうしてリワークプログラムを始めようと思ったのですか?

まずは医師に勧められたからです。それと、休職を約3カ月していたので、通勤する体力をつけた方がよいと思いました。また、自分自身のあらゆることが不安で、自信をなくしていたことも要因です。千里リワークセンターに対するイメージは、私のような人たちが集まっているのだから、暗いかなと思っていました。

プログラムに取り組んでからの悩み、大変だったこと、しんどかったことはありますか?

プログラムに取り組んでからの悩み、大変だったこと、しんどかったことはありますか?

3ヶ月、休職していたので、千里リワークセンターに行くことが不安でした。
バス、電車の乗り換えなどの通所は、最初はしんどかったですが1週間ぐらいで慣れてきました。

これからリワークプログラムを始めようとしている方へ伝えたいことはありますか?

これからリワークプログラムを始めようとしている方へ伝えたいことはありますか?

私は、千里リワークセンターに通って本当に良かったと思っています。まず通って、参加し、仲間を作って、相談し、自分自身のペースでゆっくり歩んで下さい。

一覧ページへもどる

プログラム紹介

ご利用者様の声

当センターについて